DHA いつまで

MENU

妊婦さんは、DHAをいつまで摂取すると良い?効果的なタイミングとは?

DHAと妊婦について

 

妊娠中には、体に取り入れるものに
普段以上の注意が傾けられます。

 

妊婦さん本人の体はもちろんのこと、胎児の発育に
様々な影響があるため、必要な栄養素も、普段より増加します。

 

妊娠中に必要な栄養素の摂り方には、色々な方法があります。

 

妊娠中に積極的に摂取すべき栄養素には、葉酸や亜鉛など、
胎児の発育に欠かせない栄養素があります。

 

さらに、最近では胎児の脳の発育にも効果的だと言われている
DHAに注目が集まっているんです。

 

DHAは妊婦さんにおすすめ

 

DHAと妊婦について

 

DHAと言うと、血液をサラサラにしたり、
コレステロールを下げるなど、生活習慣病の予防に効果的で、
中高年に必要な栄養素というイメージが強い方も
少なくありません。

 

しかしそれだけではなく、頭に良いと言われているDHAを、
妊婦さんが摂取することによって、胎児の健康的な発育に
良い影響があるということも話題となっているんです。

 

妊婦さんがDHAを摂取すべき時期

 

DHAと妊婦について

 

DHAの摂取は、妊娠中に欠かせないことの1つですが、
いつからいつまで積極的に摂取すると良いのでしょうか?

 

せっかく意識的に摂取するのであれば、
いつからいつまで、という効果的な時期に、
できるだけ多く摂取したいですよね。

 

胎児・赤ちゃんはどこから栄養を摂取する?

 

DHAをいつまで摂取すれば良いか?ということを考えるときに、
胎児や赤ちゃんは、どこから栄養を摂取するのかを
知っておく必要があります。

 

お腹のなかにいる時の胎児、産まれてからの赤ちゃんは、
自分の口で食べ物を直接食べるということはできません。

 

胎児の時は母親と繋がっているへその緒から、赤ちゃん、
つまり授乳期にはミルクやお母さんの体から飲むおっぱいから、
栄養を摂取しています。

 

つまり、胎児や赤ちゃんのうちは、基本的にお母さんを通して、
体に栄養を摂取しているのです。

 

いつからいつまでDHAを摂取する?

 

ですから、お腹の中に赤ちゃんができた時点で、
また妊活中からもDHAを積極的に摂取するのは効果的です。

 

さらに、妊娠中期や後期はもちろんのこと、授乳中は、
妊婦さんがDHAを積極的に摂取すると、赤ちゃんは
おっぱいを通してDHAを体に取り入れることができます。

 

お母さんの体にDHAが不足しているのに、赤ちゃんの体に
DHAが十分に行き届くということは、絶対にありえません。

 

それで、DHAは、妊婦さんではなくても身体に良いものなので、
いつまでと、強く意識せず、普段から積極的に摂取する生活習慣を
身につけると良いでしょう。