DHA 食品

MENU

妊娠中にDHAをとるにはどんな食品を食べれば良いの?

DHAと妊婦について

 

普段はもちろんですが、妊娠中は特に体に良い食材を、
赤ちゃんのためにも食べなければ!という気になりますよね、

 

胎児の健康的な発育に欠かせない栄養素は、たくさんあります。

 

最近では、妊娠中にサプリメントなどを使用して、
栄養を補っているという方も少なくありません。

 

葉酸や亜鉛など、妊娠前や妊娠中に必要だと言われている
主な栄養素のサプリにも、人気があります。

 

DHAが妊娠中に良いと話題

 

DHAと妊婦について

 

また、それだけではなく最近、特にDHAという栄養成分を、
妊娠中に摂取すると効果的だと話題となっているんです。

 

DHAというと、青魚などの食品に
含まれているイメージがありますが、
妊娠中に摂取しても良いのでしょうか?

 

妊娠中に、DHAを食品から摂取するには、どのような食べ物を食べ、
どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

 

妊娠中の身体とDHA

 

DHAと妊婦について

 

妊娠中に効果的な理由

 

妊娠中の体には、普段以上に様々な栄養素が必要となりますが、
DHAは、特に脳の働きを活発にする働きがあります。

 

胎児の脳の形成に大きく影響しているので、集中力を高めたり、
判断力の高めることができるとされています。

 

さらに、早産を防いだり、喘息の発症リスクを
軽減することもできるので、妊娠中にDHAを取ることには、
非常に様々なメリットがあるんです。

 

DHAが摂れる食品と注意点

 

DHAと妊婦について

 

DHAを含む食品

 

皆さんご存知の通り、DHAは魚に多く含まれています。

 

DHAは、熱を加えることで
成分が逃げてしまうという特徴があるので、本当は生で食べるのが
最も効率よく摂取する方法だと言われています。

 

しかし、妊娠中は生魚を
あまり摂取しない方が良いと言われているので、
加熱調理がおすすめです。

 

特に、煮物に調理して、煮汁も一緒に食べると、
逃げてしまった魚の油を一緒に摂取することができます。

 

さらに、つわりなどで調理しづらい場合には、
缶詰などの加工食品も、効果的です。

 

注意点

 

DHAを摂取するためには、魚という食品が効果的ですが、妊娠中は
あまり魚を食べない方が良いということも言われています。

 

実は、魚の種類によっては水銀という有害物質を
多く含んでいる
ので、胎児の発育や、妊婦さんの健康に
影響が出ると言われているからなんです。

 

鮭やアジ、サバ、サンマなど身近な魚の中には、
特に注意が必要ではないものもあります。

 

また、他の身近の魚の中でも、水銀の量が多いものと
そうでないものがありますので、魚を摂取する際には、
頻度や摂取量も、よく考えてから摂取するにしましょう。